MENU


[感染症対策について]

●12月から感染症状のある方、感染症状のない方を時間的・空間的に分離して診療を行います。発熱や感染症状がある場合は直接来院せず、先ずは電話、もしくは発熱外来用LINEへ連絡してください。

◆感染症状とは、発熱、咳・鼻水、咽頭痛、腹痛・下痢、頭痛、倦怠感・関節痛など。

 インフルエンザや新型コロナの方と接触した可能性がある方も含む

 

受診の仕方

電話、もしくはLINE(下記QRコード)で連絡してください。→クリニックより診察予約時間をお知らせします。
来院される前に、自宅で問診票をダウンロード・記入し、保険証・医療証・お薬手帳の画像と合わせてLINEにてお送りください。
 また、来院される前に、必ず体温測定体重測定(12歳未満の方)をお願いいたします。

*問診票ダウンロードはこちら

*オンライン問診票もご利用いただけます(現在準備中です)。

 ※問診票がお手元にない方は、来院後にお渡しします。また、お車にて記入していただくため、筆記用具(ボールペン、下敷き等)をお持ちください。

来院されましたらクリニック内には直接入らず、車内から電話、もしくは発熱外来用LINEへ到着をお知らせください。指示があるまで、車内でお待ちください。

 ※2歳以上の方はマスク着用をお願いいたします。
 ※クリニック内における感染対策のため現在トイレは使用できませんので、ご自宅を出られる前にトイレを済ませてからお越しください。



2020年11月より、土曜日の担当医師スケジュールを変更しました。
第2、4土曜日は健郎医師(小児神経・てんかん専門医)、第1、3、5土曜日は千尋医師が担当します。
 


 

画像タップで電話をかけられます。
午前診・夜診は予約なしでご来院ください。
予防接種は予約制です。診療時間内に、お電話または窓口にてご予約ください。
 


 

すぎもとボーン・クリニークは、
「こどもが安心する快適な場所であること」
「こども本人の目線を常に意識して治療内容を考えること」を大切にしています。

わたしたちが行うのは、
医師やスタッフがあたたかく寄り添う診療所での治療です。
感染症以外にも、喘息、食物アレルギーなどの診療も行っています。

血液検査が必要な場合は、こどもが安心できるように、
保護者の方と一緒に採血を行っています。

こどもたちの好きな場所であること。
医療が心地よい日常の中にあること。
母親の目線を持つこと。





[医師]



杉本千尋

川崎医科大学卒業
兵庫医科大学小児科入局
宝塚市立病院
ベリタス病院
2018年5月より、すぎもとボーンクリニーク所長


[医師]



杉本健郎

小児神経専門医
てんかん専門医

1980年 関西医大大学院修了
2008年 すぎもとボーンクリニーク所長(2018年退任)


[看護師]



[事務長]



[医療事務]